メインイメージ

農業独立支援制度

農業独立支援制度

 鹿児島県及び伊佐市の農業は恵まれた自然条件や豊かな大地の下で、先人の英知と努力の積み重ねを礎に、地方経済を支えてまいりました。
とりわけ伊佐市は昼夜の温度差が大きいことから質の高い農産物の生産が可能なため県や国の食料基地として今後一層の発展が期待されます。
→詳しくはこちら

I・Uターン向け農業体験制度

I・Uターン向け農業体験制度

 農業で生活をしていくにはそれなりの覚悟が必要です、ただ都会に疲れ、ただなんどなくでは成功はしません。そこでドリームファームでは将来農業で自立を目指す研修生を募集しねぎ栽培を中心とした農業の経営手法や技術等の実践研修を1年間実施して農業の担い手の育成に取り組んでおります。
→詳しくはこちら

見出し大2

  一般的に寒暖差が激しいところで育った野菜は非常に甘くなるのが特徴です。
伊佐の場合は12月から1月の大寒に向けて最低気温が何度もマイナスを記録し、冷え込むときはマイナス10度近くまで下がります。
しかし日中の気温がプラスに転じるためネギ自体は死なないのです。
日本にねぎの産地がいくつか存在しますが伊佐の寒暖差はトップです。

伊佐ねぎは「日本一美味しい」と言っても過言ではないでしょう。

主なねぎ産地の気温平均温度差(2011)
伊佐ねぎ 下仁田ねぎ 深谷ねぎ 岩津ねぎ 千寿ねぎ
1 10.1 11.5 10.9 7.7 8.2
2 13.2 12.7 10.8 10.4 8.3
3 13.3 12.5 11.8 10.9 8.5
4 15.4 14.9 13.2 14.0 8.4
5 10.1 11.6 10.3 11.2 6.4
6 6.4 10.0 8.9 8.8 5.7
7 8.5 9.6 9.7 8.9 5.1
8 8.7 8.6 8.7 9.1 6.2
9 9.8 9.5 9.3 9.6 6.4
10 11.1 10.9 8.5 10.4 7.2
11 10.4 11.8 10.0 9.4 7.0
12 11.4 10.7 9.9 7.2 7.7

(気象庁 2011年のデータを参照)

ネギの主な納入先です。
・JAグループ
・鹿児島中央青果
・ヨコレイ(横浜冷凍)
・一蘭

Copyright© 2011 ドリームファーム株式会社 All Rights Reserved.